危篤を脱して
水曜日


口は半開き 

ベロは1センチ出たまま 重力に逆らえず ダランとして

首は 首の据わっていない赤ん坊のように

歩けず 動けず

全身がつっているかのように 手足は硬直し

触ってあげても いつものように前足をフミフミするどころか 反応がなく

水が飲めず

スポイトで水を飲ませても ペロを動かせず

エサも食べられず

手足がだんだん冷たくなってきて・・・




ああ



もうあと数時間かもしれない・・・

ミルキーとの日々の思い出が

走馬灯のように 私の脳裏を廻り

もう 逝ってしまうのかい?

そんなことを心の中で考えながら

ほとんど反応のないミルキーを

ダンナさんと 代わりばんこに抱いてあげて

手足をマッサージしてあげて

眠っている間に 逝ってしまったら と思うと 眠れず




そんな 危篤の状態でした





でもビックリ!!


またもや 奇跡的な回復力を見せてくれました!

昨日は

支えてあげると 自分で水を飲めるようになりました

そして今日

エサも少しずつだけど 食べられるようになりました

えさの食べ方は 恐ろしく下手な子で

18年も生きているのに

学習能力ゼロです

食べてはこぼし また食べてはこぼし 

これは 弱っているからではなく

もともと下手くそなんです


よく言えば

長毛種のお嬢様ネコ

悪く言えば

ただのトロいネコ


でも

少しでも回復してくれて

よかった・・・

e0090683_1615128.jpg

[PR]
by nassy05 | 2007-02-23 16:03 | お猫さま
<< 旅立ち 人間と同じに・・・ >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31